台湾の2017年10大ニュース

Top10 2018
台湾の1年を切り取る「10大ニュース」を通じ、2017年を見通していく。
すべての文頭を開く

【17年の10大ニュース】揺れながらも改革を進める蔡政権(2017/12/29)

年の瀬の参拝に訪れた基隆の慈雲寺で「台湾経済は好転している」とあいさつする蔡英文総統=12月22日(中央通信社)
「台湾人は問題解決の4文字を期待して新しい政権を選んだ」――。2016年5月の就任演説で、蔡英文総統は人…

続きを読む

【第1位】ポスト蔡の筆頭、頼氏が行政院長就任(2017/12/29)

前任の林全氏(左)から行政院長を引き継ぐ頼清徳氏(右)と蔡英文総統=10月5日(中央通信社)
支持率低迷に悩む蔡英文政権が起死回生の策に出た。9月はじめ、林全氏に替えて台南市長の頼清徳氏(58)を…

続きを読む

【第2位】労基法に振り回された1年、再改正へ(2017/12/29)

労基法の再改正に反対し、行政院前で抗議活動を繰り広げる労働者=台北(NNA撮影)
労基法に始まり、労基法に終わった1年だった。2016年12月末に施行された改正「労動基準法(労基法)」。労…

続きを読む

【第3位】台湾全域で大停電、電力供給に不安(2017/12/29)

大停電について謝罪し、引責辞任した中油の陳董事長(中央通信社)
台湾のボトルネックが浮き彫りになった騒動だった。8月15日夕方、台湾電力が管轄する大潭発電所(桃園市…

続きを読む

【第4位】日本産牛肉ようやく解禁、輸出に弾み(2017/12/29)

16年ぶり解禁の日本産牛肉の第一陣として到着した宮崎産和牛=台北(NNA撮影)
台湾人が待ちに待った瞬間がやってきた。牛海綿状脳症(BSE)の感染を理由に2001年から禁止されていた…

続きを読む

【第5位】HTC、スマホ受託業をグーグルに売却(2017/12/29)

スマホ受託事業をグーグルに売却すると発表したHTCの王董事長=新北(中央通信社)
IT業界の栄枯盛衰を感じさせるニュースだった。「MIT(メード・イン・タイワン)」の代表格とも言え…

続きを読む

【第6位】鴻海、米に1兆円投資で液晶パネル生産(2017/12/29)

米ウィスコンシン州への投資に関する覚書を交わした鴻海の郭台銘董事長(左)と同州のウォーカー知事=ミルウォーキー(中央通信社)
さすがシャープを再生させた企業だ。投資の桁もスピード感も違う。そう思わせるニュースだった。 EMS…

続きを読む

【第7位】パナマが台湾と断交、中国の圧力強まる(2017/12/29)

蔡総統と会見するバレーラ大統領。この会見から1年を待たず、バレーラ大統領は台湾との断交を宣言した=16年6月、パナマシティー(総統府提供)
外交面では今年も防戦一方となってしまった。台湾と国交を結ぶ国の中でも重要国の一つとされていた中米の…

続きを読む

【第8位】桃園空港MRT開業、着工から11年(2017/12/29)

桃園空港MRTの「直達車」=桃園(NNA撮影)
台湾の空の玄関口までようやく鉄道が通った。台北駅と台湾桃園国際空港、桃園市内を結ぶ「桃園機場捷運(…

続きを読む

【第9位】「半導体の父」TSMC董事長が引退発表(2017/12/29)

18年6月の引退を発表したTSMCの張董事長(NNA撮影)
「半導体の父」で「台湾電子産業の立役者」が引退を決めた。ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大…

続きを読む

【第10位】台中市の総人口、台湾2位に躍進(2017/12/29)

台中市の林市長(右)は、手厚い子育て支援などが人口増をもたらしているとアピール(同市政府提供)
台中市がついに台湾第2の都市に躍り出た。7月末時点で総人口が277万8,182人に達し、高雄市(277万7,87…

続きを読む

【番外編】ユニバ台北開催、「一つの中国」の影も(2017/12/29)

ユニバーシアード台北の開会式で入場行進する台湾代表選手団(2017台北世界大学運動会組織委員会提供)
台湾に世界中から若いアスリートたちが集結した。学生の五輪とも称される「ユニバーシアード競技大会」が…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン