これだけは押さえておきたい~台湾企業の基礎情報

170502 tw corp 2
企業の沿革や最近のトピックス、直近の業績から社名の由来まで。NNA記事によく登場する台湾企業の概要を毎週1回紹介していきます。

【2018年の休載日】
05/17

すべての文頭を開く

【台湾企業】自力でEMS大手に成長 緯創資通(ウィストロン)(07/19)

緯創資通の林憲銘・董事長(中央通信社)
源流は、パソコン(PC)世界大手の宏碁(エイサー)のPC受託製造部門。2000年にエイサーが連結赤字に転…

続きを読む

【台湾企業】若くして起業、タイ料理で急成長 瓦城泰統(07/12)

東方エスニック料理に憧れを抱いていた徐承義氏が1990年にタイ料理店「瓦城泰国料理(タイ・タウン・キュイ…

続きを読む

【台湾企業】18ブランド展開、外食をけん引 王品餐飲(07/05)

王品の陳正輝董事長(前列左、中央通信社)
帽子輸出を手掛ける家族企業で働いていた戴勝益氏が一念発起して外食の世界に入り、会社を設立した。手始め…

続きを読む

【台湾企業】ドリンクスタンドで成長、海外加速 六角国際事業(06/28)

持ち帰りドリンクスタンドチェーンでは後発組に入る。2004年に新竹市に「La Kaffa」を開業。翌05年に「日出…

続きを読む

【台湾企業】家電系列のコンプレッサー大手 瑞智精密(06/21)

声宝の董事長も兼ねる瑞智精密の陳盛沺董事長(左)。声宝とがんこフードサービスとの基本合意書の調印式で=5月22日、台北(声宝提供)
1990年代初頭まで、家庭用空調機器などに使われる圧縮機(コンプレッサー)は、日本からの輸入に頼っていた…

続きを読む

【台湾企業】鴻海グループのIPC関連企業 樺漢科技(エノコン)(06/14)

新北市にあるエノコンの本部ビル(同社提供)
工業用コンピューター(IPC)のマザーボードを開発、受託製造に力を入れた。転機は2007年。EMS(電子…

続きを読む

【台湾企業】事業転換を加速させるEMS大手 広達電脳(クアンタ)(06/07)

クアンタの林百里董事長(左、中央通信社)
電子製品の製造大手、金宝電子工業(キンポエレクトロニクス)の技術者だった林百里氏が立ち上げた。パソコ…

続きを読む

【台湾企業】半導体検査用製品を次々と開発 中華精測科技(CHPT)(05/31)

17年9月に台北で開催された「国際半導体展(セミコン台湾)」での中華精測のブース(同社提供)
前身は、通信台湾最大手・中華電信傘下の中華電信研究所内で半導体検査用に信号の高速伝送プリント基板(P…

続きを読む

【台湾企業】「音」にこだわり、次々と機器開発 美律実業(メリーエレクトロニクス)(05/24)

美律実業の廖禄立董事長(同社提供)
大同大学の理工学院で肩を並べた廖禄立氏と魏文傑氏が共同で会社を立ち上げた。無線通信用マイクロフォンか…

続きを読む

【台湾企業】e―スポーツ向けPCで世界を席巻 微星科技(マイクロスター・インターナショナル、MSI)(05/10)

微星科技の徐祥董事長(右から3人目、同社提供)
ソニーの台湾法人でパソコン(PC)部門に所属していた徐祥氏ら5人が独立して会社を立ち上げた。マザーボ…

続きを読む

【台湾企業】液晶パネルから電子ペーパー大手に 元太科技(イーインク)(05/03)

元太科技製の電子ペーパーディスプレーを使ったスマートバス停 (同社提供)
製紙大手の永豊余集団が1992年に設立、当初は中小型液晶パネルの生産を手掛けていた。培った技術を電子ペー…

続きを読む

【台湾企業】不動産仲介の草分け、日本も開拓 信義房屋仲介(04/26)

信義房屋の周俊吉董事長(同社提供)
台湾政府が法人の不動産仲介を認可していなかった1981年に「信義代書事務所(司法書士業務に相当)」を設立…

続きを読む

【台湾企業】3C量販店の先駆け的存在 燦坤実業(04/19)

燦坤実業 の張岳龍・総経理(中央通信社)
阪神タイガースのような黄色と黒の看板が目印の電器製品量販店を、台湾全域に展開している。機器の修理など…

続きを読む

【台湾企業】消費者に近い分野で各種事業を展開 三商投資控股(マーキュリー)(04/12)

牛肉麺で知られる外食チェーンの「三商巧福」(同社提供)
翁肇喜、陳河東、郭仲熙の3氏が資金を出し合い、パートナーズ組織として「三商行」を設立。当初は手工芸品…

続きを読む

【台湾企業】洋上風力発電で注目の複合材料企業 上緯国際投資控股(スワンコール)(03/29)

上緯国際投資控股の蔡朝陽董事長(中央、同社提供)
当初は、耐食などに使われるビニルエステル樹脂の製造を手掛けていた。事業を炭素繊維複合材料へと拡張。一…

続きを読む

【台湾企業】合併で規模拡大の太陽電池最大手 新日光能源科技(ネオソーラーパワー)(03/22)

(左から)新日光の洪董事長、イク晶の潘総経理、昇陽光電の劉康信総経理=17年10月日、台北(中央通信社)
ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の幹部を務めた林坤キ氏(キ…

続きを読む

【台湾企業】外食でも存在感、総合電機大手 東元電機(TECO)(03/15)

東元電機の邱純枝董事長 (同社提供)
会社設立の4年後には300馬力モーターを開発し、早くからモーター製造大手としての基盤を築いてきた。その後…

続きを読む

【台湾企業】AIにも進出するメモリー世界大手 威剛科技(ADATA、エーデータ)(03/08)

家庭用ロボットを手にする威剛科技の陳立白董事長(NNA撮影)
ニッチ型メモリー設計大手・華邦電子(ウィンボンド)などでメモリー開発に携わった陳立白氏が立ち上げた。…

続きを読む

【台湾企業】M&Aで成長、受動電子部品最大手 国巨(ヤゲオ)(03/01)

 国巨の中国蘇州工場(姚仁喜大元建築工場提供 )
会社設立は1977年。溶接機と炭素皮膜抵抗器の製造を手掛けていた。転機は89年。抵抗器事業を行うために設立…

続きを読む

【台湾企業】M&A経てパネル世界大手に成長 友達光電(AUO)(02/22)

1990年台後半から2000年台前半にかけ、台湾では液晶パネル技術が発達、パネルメーカーが相次ぎ誕生した。そ…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン