アジアの津梁~全日空の沖縄ハブ~

Special program icon
全日空が昨年10月末、那覇空港を拠点に日本とアジアをの8空港を結ぶ貨物ハブ事業を始めた。アジアを舞台にした貨物事業に本格参入した全日空と、アジアの最前線にある地の利を生かそうと企業誘致などに力を入れる沖縄県の取り組みを取材した。
すべての文頭を開く

【連載企画】全日空の沖縄物流ハブ(3)(2010/04/09)

連載の3回目は特別編として、元沖縄県副知事の吉元政矩(まさのり)氏(73)を紹介する。1990年代に副知事を…

続きを読む

【連載企画】全日空の沖縄物流ハブ(2)(2010/04/08)

全日空の国際物流ハブは航空会社の事業であるにとどまらず、受け入れた沖縄県にとっても発展の好機と言える…

続きを読む

【連載企画】全日空の沖縄物流ハブ(1)(2010/04/07)

「舟を以て万国の津梁(しんりょう=架け橋)となす」。琉球の第5代国王である尚泰久は1458年、居城の首里城…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン