アジア法規チェック

160628 asa icon
海外ビジネスでは、いかに新法や法改正、規制緩和に敏感に反応できるかが勝敗の鍵を握るといっても過言ではない。赴任地のルールをいち早くキャッチ。
すべての文頭を開く

雇用創出法、21年2月に細則の施行目指す(11/26)

インドネシア経済調整省のスシウィジョノ秘書官は、11月2日に施行された雇用創出法『2020年第11号』につい…

続きを読む

【役立つ税務】第13回 新型コロナウイルス対策法(11/26)

■はじめに 新型コロナウイルスの感染が続いているフィリピンでは、新型コロナウイルス対策法(Bayanihan …

続きを読む

英政府、華為製品禁止違反に罰金検討(11/25)

英国政府は、通信の安全に関する新法規への違反行為に罰金を科すことを検討している。新法規には同国の第5…

続きを読む

コロナ対策法第3弾、下院に法案提出(11/25)

フィリピン下院で23日、新型コロナウイルス対策法の第3弾となる法案が提出された。景気回復の遅れと、先月…

続きを読む

【法務事例】第35回 雇用創出オムニバス法(11/24)

■事例 日本企業X社は、報道により雇用創出オムニバス法が成立したことを把握しているが、インドネシア進…

続きを読む

タイでの中絶、妊娠12週未満までは合法化へ(11/19)

タイ政府は17日の閣議で、妊娠中絶に関する刑法301条などの改正案を承認した。現行法では中絶が原則禁止され…

続きを読む

国会、7法案を可決して17日に閉幕(11/19)

ベトナムの第14期(2016~21年)第10回国会は17日に閉幕した。会期中に環境保護法改正案など7法案を可決し…

続きを読む

政府、コロナ対策法第3弾を検討(11/19)

フィリピン大統領府は17日、ルソン島などを最近襲った台風の被災者支援に今年の国家予算が足りない場合、新…

続きを読む

国営企業株式化の3政令、改正へ草案(11/18)

ベトナム財務省は、国営企業の株式化や国の出資引き揚げに関する3つの政令を改正するための政令草案をまも…

続きを読む

下院の審議再開、予算案など年内成立目指す(11/17)

フィリピン下院は16日、1カ月ぶりに審議を再開した。新型コロナウイルス対策に重点を置く2021年度の政府予…

続きを読む

単発労働者、新法で個人情報の登録必須に(11/17)

インド政府は新たな労働関連法で、単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」に現住所や携帯電話の番号、従事し…

続きを読む

1~10月の投資額27%減、経済区庁(11/16)

フィリピン経済区庁(PEZA)は13日、2020年1~10月の投資額が前年同期比26.9%減の726億5,000万ペソ(…

続きを読む

不良債権の移管法案、上院通過(11/13)

フィリピンの金融機関が不良債権を柔軟に移管・処理できる法案が10日、上院で可決された。下院で成立した法…

続きを読む

鴻海が温室効果ガスをゼロに 50年までに、大手他社が追随も(11/12)

鴻海は2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする方針を示した=新北(NNA撮影)
EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実…

続きを読む

〔クラクション〕児童婚禁止法案、上院で可決(11/11)

フィリピン上院は9日、児童婚禁止法案を全会一致で可決した。児童婚を犯罪と見なし、禁錮刑などの罰則を設…

続きを読む

比大統領選で郵便投票、実現に暗雲(11/11)

フィリピン議会で、2022年の大統領選から郵便投票を一部認める法案が提出されている件について、不正の温床…

続きを読む

不当な販促手法を規制、12月から新法規(11/09)

中国国家市場監督管理総局(市場監管総局)は5日、企業などが行う販売促進行為に関するルールを定めた「販…

続きを読む

首相が国民投票の法案承認、憲法改正に向け(11/06)

タイのプラユット首相は4日、国民投票の実施に関する法案を承認した。同法案は、実施が予想される憲法改正…

続きを読む

オムニバス法、背景に近隣国との競争意識(11/06)

ウェビナーで講演する松井和久氏=4日、東京(NNA撮影)
国際機関日本アセアンセンターの松井和久・貿易・投資クラスター招聘(しょうへい)コンサルタント(松井グ…

続きを読む

雇用創出法、違法性問われる 識者300人の連盟、法的不備指摘(11/05)

主要労組は今後もオムニバス法に対する抗議デモを展開する構えだ(アンタラ通信)
インドネシアで2日に公布、施行された雇用創出に関する制度一括改正(オムニバス)法(雇用創出法『2020年…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン