マレーシア歴史紀行

No image icon
マレーシアでは最もポピュラーな公共交通機関である高速バス。その車窓から見える風景を題材に、若手研究者の東條哲郎氏が歴史と風土を分かりやすく解説します。

筆者紹介

東條哲郎(とうじょうてつお)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。
専門は19世紀マレーシアにおける錫鉱山の歴史。マレー語と中国語の読解力を生かし、失われつつある歴史を解き明かしている。

すべての文頭を開く

【マレーシア歴史紀行】第15回(最終回)シンガポール<3>(2008/06/11)

◆工業都市へ シンガポールの中心地から離れ、西へ10キロほど行ったところに、非常に整備された工場群が…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第14回 シンガポール<2>(2008/05/28)

◆昭南島 シンガポールの観光・ビジネスでにぎわう中心地の一画に、ひっそりと建つ塔があります。「日…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第13回:シンガポール<1>(2008/05/14)

◆シンガポールの由来 さて、ジョホールバルを通過したバスは、いよいよ旅の終着地シンガポールに…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第12回:コタバル~ジョホールバル<2>(2008/04/30)

◆スリメダン パハンの山間部を走るバスは、ヨンペンで再び西海岸を縦断する高速道路に交わります。 シ…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第11回:コタバル~ジョホールバル<1>(2008/04/16)

◆東海岸沿海部 コタバルを出発したバスは東海岸の沿岸部を南下して行きます。マレー半島の東海岸…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第10回:西海岸~山間部~コタバル(2008/04/02)

◆山間部 前回までマレー半島西海岸の景観から歴史についてお話してきましたが、今回から半島の東海岸…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第9回:タイ国境へ(2008/03/19)

◆タイとの関係 水田地帯を走るバスは、クダの州都アロースターを通過します。 クダのスルタン家が成立…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第8回:ペナン~アロー・スター(2008/03/05)

前回までクアラルンプール(KL)からペナンまでの景観についてお話しました。今回からはペナンか…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第7回:ペナン(2008/02/20)

◆ペナンの成立 マレー半島の西沖合に位置するペナン島は、もともとクダのスルタンが領有していました…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第6回:イポー~ペナン(2)(2008/02/06)

◆クアラ・カンサー 前回もお話したように、ペラ川はこの地域で最も古くから人が居住していました…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第5回:イポー~ペナン(1)(2008/01/16)

◆イポー さて、キンタ川流域に入ると、高速には次々と出口が現れます。前回、スズ採掘によって鉱…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第4回:KL~イポー(2)(2007/12/26)

東條哲郎(とうじょうてつお) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。専門は19世紀…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第3回:KLからイポーへ(1)(2007/12/12)

東條哲郎(とうじょうてつお) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。専門は19世紀…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第2回:クアラルンプール(2)(2007/11/28)

東條哲郎(とうじょうてつお) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。専門は19世紀…

続きを読む

【マレーシア歴史紀行】第1回:クアラルンプール(1)(2007/11/14)

東條哲郎(とうじょうてつお) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。専門は19世紀…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン