タイの2019年10大ニュース

2019 top10
タイの2019年はどのような年だったのか。政治・経済・社会など多方面の視点から、この1年で起きた主な出来事を切り取ります。
すべての文頭を開く

【19年の10大ニュース】5年ぶり民政移管も景気後退(2019/12/27)

軍事政権トップのプラユット首相は、非議員ながら総選挙後の首相指名選挙で最多票を獲得して続投を決めた。写真は3月24日の選挙投票日2日前に国民に支持を呼び掛けたプラユット首相=3月22日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイは3月24日に実施された総選挙を経て、2014年に起きたクーデター以来5年にわたって続いた軍事政権から…

続きを読む

【第1位】親軍政政権が誕生、プラユット首相続投(2019/12/27)

プラユット首相の続投を目指した親軍政政党「国民国家の力党」を中心とした19政党が連立与党を組み、親軍政政権を樹立させた(ネーション提供)
2014年に起きたクーデター後の軍事政権から民政へ移管するための下院総選挙(定数50)が3月24日に行われた…

続きを読む

【第2位】米中摩擦で打撃、5年ぶり低成長に(2019/12/27)

米中貿易摩擦に伴う世界経済の減速や対米ドルのバーツ高が、タイ経済に影を落とした。タイ中央銀行(BOT…

続きを読む

【第3位】自動車市場、下半期に販売減速(2019/12/27)

タイの自動車市場は、上半期(1~6月)と下半期(7~12月)で大きく明暗が分かれた。上半期の新車…

続きを読む

【第4位】空港高速鉄道が契約、EEC開発前進(2019/12/27)

タイ政府が推進する東部3県にまたがる経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」の官民連携(PPP…

続きを読む

【第5位】不動産市場が減速、融資規制や不景気で(2019/12/27)

タイの不動産市場は、国内における不動産融資規制や国内外の経済の停滞を背景に減速した。写真はバンコクの住宅街=12月22日、タイ・バンコク(NNA撮影)
昨年来好調だったタイの不動産市場は、タイ中央銀行(BOT)が4月に実施した不動産の融資規制や世界経…

続きを読む

【第6位】商業施設が今年も相次ぎ開業、日系も進出(2019/12/27)

今年も商業施設の開業が相次いだ。写真は2月にオープンした「ドン・キホーテ」のタイ1号店「ドンキモールトンロー」=2月20日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイでは今年も商業施設が相次いで開業した。2月には、首都バンコクで日本の総合ディスカウントストア「…

続きを読む

【第7位】廃プラ削減が本格化、ロードマップ策定(2019/12/27)

タイの小売大手は、レジ袋の有料化を開始した。写真はザ・モール・グループが展開するスーパー「グルメ・マーケット」の様子=7月3日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイ政府は、世界的に懸念される海洋プラスチックごみ問題への対策や資源を再利用し廃棄物を減らすサーキ…

続きを読む

【第8位】グラブ躍進、出前や決済で生活インフラに(2019/12/27)

シンガポールの配車サービス大手グラブの躍進が、タイでも目立った。同国に2018年2月に投入したフードデ…

続きを読む

【第9位】大気汚染への懸念拡大、車や工場に規制(2019/12/27)

今年は例年大気汚染が起きる乾期以外にも高濃度の「PM2.5」が確認された=10月1日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイで大気汚染への懸念が高まった。乾いた微粒子が浮遊しやすい乾期(11~2月ごろ)のみならず、2019年…

続きを読む

【第10位】ASEAN会合中に首都で連続爆発(2019/12/27)

タイは11月にもASEAN議長国として関連会合を開催=11月3日、バンコク近郊(NNA撮影)
タイの首都バンコクと近郊で8月、高架鉄道(BTS)の駅近くや政府関連施設付近など5カ所で爆発事件が…

続きを読む

【番外編】69年ぶりに国王の戴冠式を実施(2019/12/27)

タイで69年ぶりとなる戴冠式で王冠を被ったワチラロンコン国王=5月4日、タイ・バンコク(政府系ニュースサイトNNTの配信映像より)
タイのワチラロンコン国王の戴冠式が5月4~6日に行われた。プミポン前国王が2016年10月に死去し、ワチ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン