記事からみるアジアの景気動向 タイ

Nna di
NNA景気指数・・NNA記事からセンチメント分析を行い、それを各国の経済指標と合成したものにより経済状況等を表したものです。NNA景気指数には、NNA景気状況指数(CI(Composite Index:))、NNA景気動向指数(DI(Diffusion Index))の2種類が存在しています。この2つの指標を使い各国の景気の動向を見ていきます。指数の算出式、参考にしている経済指標等の詳細はこちらをご覧ください。
すべての文頭を開く

【NNA景気指数】タイ 2020年第4四半期予測(10/26)

※グラフは20年11月16日時点のタイ政府による経済統計を反映したデータです。下記文章は20年9月時点での速報値に基づいたデータにより作成されており、確報値である本グラフとは数値に違いが生じております。             
NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
■経済指標回復も政情懸念 ・景気状況は5月底に回復 ・車生産はコロナ前の水準に ・観光業回復…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2020年第3四半期予測(07/21)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
■制限緩和で景気回復期待 ・コロナの第1波収束か ・観光関連は打撃大きく ・自動車展の販売指…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2020年第2四半期予測(05/29)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2020年第2四半期(4~6月)の予測> ◎コロナ対応で成果も打撃必至 ・14年以来のマイナス成…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2020年第1四半期(1~3月)の予測> ◎経済の減速傾向が一層鮮明に ・バーツ高で輸出低迷に…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2019年第4四半期予測(2019/12/02)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2019年第4四半期(10~12月)の予測> ◎内外需振るわず経済減速見通し ・9月主要経済指標は…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン