日系企業がゆく

C nikkei icon
激動の時代を迎える中国市場に、果敢に挑む日系企業。小売り、物流、金融、サービスなど、あらゆる業種の企業に密着し、その中国戦略に迫ります。不定期月曜日掲載。
すべての文頭を開く

【日系企業がゆく】広東華智立信軟件(2011/06/13)

第63回 システム運用・構築サービス大手の日立情報システムズが初めて中国で設けた合弁会社が、広東華智…

続きを読む

【日系企業がゆく】大陽日酸申威(上海)医用気体(2011/05/23)

健康用、医療用として日本では馴染みが強く、一般家庭でもよく使用されている酸素。ただ、ここ中国ではいま…

続きを読む

【日系企業がゆく】華昇富士達電梯(フジテック)(2011/05/09)

◇第61回 右肩上がりが続く中国エレベーター市場。世界需要の半分を占めるまでに成長した中国市場は、内陸部…

続きを読む

【日系企業がゆく】汕頭普楽士儀器(PLUS)(2011/04/18)

第60回 板書したものをそのまま印刷できるコピーボードや、そのままPCに取り込むことが出来るインタラク…

続きを読む

【日系企業がゆく】阿酷爾商貿(上海)(アクア)(2011/03/28)

0.0001ミクロン――頭髪の断面の75万分の1という、このとてつもなく小さなフィルター孔で、水中の不純物を…

続きを読む

【日系企業がゆく】毎日コミュニケーションズ(2011/03/14)

◇第58回 景気の回復に伴い、勢いを増す北京市、天津市の日系企業によるホワイトカラー人材の採用需要。ただ…

続きを読む

【日系企業がゆく】栗鉄(上海)貿易有限公司(栗本鐵工所)(2011/02/28)

人々の暮らしを地下で支える水道管やガス管。栗本鐵工所は、その主製品となるダクタイル鋳鉄管の上水道向け…

続きを読む

【日系企業がゆく】広東金鵬西科姆電子安全(セコム)(2011/02/14)

第56回 海外に進出する日系企業にとっても、すでに不可欠な存在のセキュリティサービス企業。業界最高水準…

続きを読む

【日系企業がゆく】北京中秋共創商貿(2011/01/24)

◇第55回 「本気でやってみること」「何事もやってみなければ始まらない」――。言葉の端々から、自らを貫く…

続きを読む

【日系企業がゆく】致キ雅橡塑制品(上海)有限公司(2011/01/10)

日本で初めてゴムの加硫を手掛けた、1886年創業の土谷ゴム化成。光学、通信、電子分野など多分野に向けゴム…

続きを読む

【日系企業がゆく】広州米沢電線(2010/12/27)

第53回 自動車用を中心とした電線やハーネス、コイルなどを製造する広州米沢電線は、売上高を順調に伸ばし…

続きを読む

【日系企業がゆく】上海培皓節能科技発展(2010/11/29)

エスコ方式で工場やビルなどを対象に省エネルギーの総合的なサービスを提供する日本の事業者が、中国にも存…

続きを読む

【日系企業がゆく】インテリジェンス広州(2010/11/15)

第51回 人材総合サービス大手のインテリジェンス(英創人材服務(上海)有限公司)は10月、満を持して華南…

続きを読む

【日系企業がゆく】万寿家(天津)食品(マスヤ)(2010/11/01)

◇第50回 天津といえば“甘栗”――。日本人にはそんなイメージがある。実はこの天津甘栗、原材料の栗は天津…

続きを読む

【日系企業がゆく】旗牌(常州)文具製造有限公司 上海分公司(2010/09/20)

◇第49回 「シヤチハタ」と聞くとまず「印鑑」を思い浮かべる人は少なくない。日本のインキ浸透印市場で約7…

続きを読む

【日系企業がゆく】阿自倍尓集団(アズビルグループ)(2010/09/06)

第48回 日本のビル空調システム分野で、80%以上のシェアを持つ山武。創立100周年を迎えた2006年にグループ…

続きを読む

【日系企業がゆく】北京外紅国際物流有限公司(2010/08/09)

◇第47回 荷主から与えられた指示通りに商品を時間通りに、ダメージを与えず運ぶ。日本の物流業界では当た…

続きを読む

【日系企業がゆく】昆山兼房高科技刀具有限公司(2010/07/05)

第46回 日常に触れるもので、「切削加工」が必要なものは数限りない。建材や書籍、自動車部品、IT(情報技…

続きを読む

【日系企業がゆく】天津提愛斯海泰信息系統有限公司(2010/05/17)

第45回 システムのアウトソーシング分野において、中国や日本、韓国など東アジアのハブとなることを目指し…

続きを読む

【日系企業がゆく】第44回・久田(天津)汽車配件有限公司(ヒサダ)(2010/04/19)

自動車の主要部品の一つである窓枠、センターピラーの生産本数で世界一になったこともあるヒサダ。中国では…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン