NNAカンパサール特集・アジアを走れ、次世代モビリティー

Mobility
モビリティーの価値観を変える萌芽は、アジアや世界各地で起こりつつある。各地の様子を追った。
すべての文頭を開く

【アジアを走れ、次世代モビリティー】電動化、ASEANでじわり 本格普及は25年以降か(11/07)

3月に開かれたタイの自動車見本市「第40回バンコク国際モーターショー」で英国系高級車MGが展示したEVのコンセプトカー(NNA撮影)
電動化をはじめとする自動車に関する先進技術の普及は、先進諸国とアジアの新興国の間ではタイムラグ…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】次世代技術でアジアを拓く 日系新興企業の挑戦(10/31)

タイで行われた小型EV「FOMM ONE」のデモンストレーション(FOMM提供)
自動車が普及の途上にある東南アジアでは、電気自動車(EV)や自動運転などの次世代技術の浸透は、先進国…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

4月に開かれた「マレーシア・オートショー2019」を視察する同国のマハティール首相(手前、NNA撮影)
成長市場で優位性保てるか ■日系シェアはインドネシア98%、タイ86% アジアは日本の完成車メーカーに…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

交通事故、渋滞、大気汚染、温室効果ガス 中間層が厚みを増し、念願のマイカーを手に入れる人々が増えて…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】一帯一路の自動車生産(10/17)

フレームとボディーを組み立てする工程。フレームを運ぶ台車は全自動運転で制御。女性は品質検査要員で、携帯端末を使って作業していた
ロシア・欧州市場にらむ吉利汽車 東はロシア、西は欧州連合(EU)加盟国ポーランドに接するベラルーシ…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】奇想天外か近未来か 欧州の最先端モビリティー(10/10)

写真は各社HPより転載
【今年~来年に登場の注目EV】 ■架線で充電!「eハイウェイ」 独電機大手シーメンスは、スウェーデン…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】今年はMaaS元年? トヨタとフィンランド大手に聞く(10/03)

トヨタグループ企業や三井不動産も出資するMaaSグローバルのサンポ・ヒエタネンCEO=フィンランド
「今年は日本版MaaS元年」。国土交通省が今年6月に新たなモビリティー(移動)についてまとめた指針の…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】自動運転車のある風景 日本・中国・欧州で乗ってみた(09/27)

フィンランド・アールト大学内を運行する自動運転バス「ガチャ」。右上は車内。右下はガチャを笑顔で見送る人たち
自動運転」という言葉が新聞紙面を賑わしている。トラック運転手不足の解消、相次ぐ高齢ドライバー事故の対…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】自動運転の未来都市、実現なるか(09/20)

アジア最大規模とされる雄安駅は18年12月に着工、20年末完成を目指し建設中だ。北京までは1時間弱で結ばれる。今年9月末に開業予定の北京新空港を経由する
中国・雄安新区訪問記 中国政府が世界最高のハイテクと環境対応の未来都市「雄安新区」を北京近郊に建設…

続きを読む

【アジアを走れ、次世代モビリティー】溶ける二輪・四輪の境界(09/13)

(左)免許不要の低速EVの販売台数は、13年の20万台が18年は100万台に急伸した。写真は大手メーカー、時風集団のショールーム=中国・山東省高唐
(右)山東省聊城の小学校前。免許不要の電動三輪車での送り迎えも多い
「100年に1度の変革期」にあると言われる自動車産業。メンテナンスの手間が少ない電気自動車(EV)、トラ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン