2010年10大ニュース

No image icon
不安定な要素をはらみつつ、発展を続けるアジア。2010年の10大ニュースでこの1年を振り返りつつ、2011年はどんな年になるのかを思い描いてみたい。
すべての文頭を開く

【10年の10大ニュース】国富から民富へ、舵切る中国(2010/12/30)

2010年は、中国経済が大きな“国富の象徴”を与えられた年だった。第2四半期の国内総生産(GDP)が日本…

続きを読む

【第1位】「騒」――スト多発、日本的経営に盲点(2010/12/30)

雇う側の日本人と雇われる側の中国人。労務問題に横たわる埋めがたい日中の深い溝を、改めて認識させられた…

続きを読む

【第2位】「滞」――日本向けレアアース輸出が停滞(2010/12/30)

今年8月上旬、レアアース(希土類)産業に関するフォーラムが北京で開かれた。ここで興味深いデータが示さ…

続きを読む

【第3位】「騰」――カネ余り解決へ、金融政策転換(2010/12/30)

消費者物価指数(CPI)の上昇や不動産価格の高騰など“カネ余り”が鮮明になる中、中国当局は相次ぎ抑制…

続きを読む

【第4位】「催」――上海万博開催、経済効果も(2010/12/30)

上海市だけでなく、中国が国を挙げて取り組んだともいえる一大イベント、上海万博が、5月1日から10月末日…

続きを読む

【第5位】「揺」――トヨタの回収、日系信頼揺らぐ(2010/12/30)

トヨタ自動車の欧米における大規模なリコール問題が、中国にも波及した。トヨタの中国でのリコールはスポー…

続きを読む

【第6位】「欠」――労働者不足が深刻化、全国でも(2010/12/30)

例年よりも激しさを増した今年のワーカー不足。旧正月前に人手が少なくなるのは例年のことだが、今年は沿海…

続きを読む

【第7位】「元」――人民元の変動再開、上昇続く(2010/12/30)

中国人民銀行(中央銀行)は6月に、2008年夏から対ドルで事実上固定していた人民元レートの米ドルペッグを…

続きを読む

【第8位】「税」――外資の税優遇時代に幕、税統一(2010/12/30)

長年にわたり中国企業のみから徴収されていた都市建設税と教育付加費が、12月1日から正式に外資企業からも…

続きを読む

【第9位】「買」――山東如意や吉利、海外買収盛ん(2010/12/30)

紡績企業グループ最大手、山東如意科技集団がアパレル大手、レナウンの第三者割当増資を引き受けて筆頭株主…

続きを読む

【第10位】「新」――新興7産業の発展に本腰(2010/12/30)

中国が新エネルギーなど新興産業の発展に向け、本格的に動き出した。国務院(中央政府)は9月に開いた常務…

続きを読む

【番外編】広州でアジア大会、投資・環境整備進む(2010/12/30)

「アジア版オリンピック」とも呼ばれるアジア競技大会が11月12~27日、広州市や仏山市、東莞市などをメーン…

続きを読む

【10年の10大ニュース】レッセフェールからの転換(2010/12/30)

2010年は広深港高速鉄道の建設反対運動で幕を開けた。政府高官や議員、警官隊と激しく衝突する「80後」世代…

続きを読む

【第1位】最低賃金立法化、低所得者30万人救済へ(2010/12/30)

「最低賃金条例」が7月、立法会で可決された。中国本土からの移民をはじめとする安価な労働力によって経済…

続きを読む

【第2位】進む資産バブル、相次ぐ抑制策の効果は(2010/12/30)

住宅市場は年初から上げ続け1997年の史上最高水準に迫った。急上昇に伴う住民の不満やバブル懸念から、香港…

続きを読む

【第3位】規制緩和さらに、人民元の流通拡大進む(2010/12/30)

中央当局は7月、香港金融管理局(HKMA)、人民元決済銀行の中国銀行(香港)とそれぞれ人民元業務の規…

続きを読む

【第4位】日系ゼネコン、大型インフラ相次ぎ受注(2010/12/30)

曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が2007年の施政報告(施政方針演説)で打ち出した総事業費2,500億HKド…

続きを読む

【第5位】マニラでバスジャック、香港人8人犠牲に(2010/12/30)

8月23日、フィリピンの首都マニラで香港人観光客らを乗せた観光バスが武装した元警察官の男に乗っ取られた…

続きを読む

【第6位】広東と連携枠組み協定、一体化強まる(2010/12/30)

深セン経済特区設立30周年を迎えた今年、香港と広東省の一体化はさらに大きく前進した。 4月、両地政府は…

続きを読む

【第7位】金融界に香港シフトの波、幹部常駐(2010/12/30)

HSBC、フィデリティ、トムソン・ロイター、ソロス・ファンド、ゴールドマンサックス……。今年は世界的…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン