HALAL 日本の新たな挑戦

140707challenge hararu icon
アラビア語で、「イスラムの教義に合ったもの」を意味するハラル。インドネシアはじめイスラム圏の経済成長が注目されるにつれ、日本でもクローズアップされるようになった。食や観光の分野では今やハラル対応が合言葉となり、その波は地方へも拡大している。もともとイスラムに馴染みが深いとは言えない日本。商機はあるのか。現地の受け止め方はどうなのか。
すべての文頭を開く

【挑戦ハラル】消費促すおもてなしを模索:京都、寺院や食が観光資源(2014/07/25)

拡大するイスラム観光市場を開拓すべく、京都では自治体や事業者だけでなく、寺院までもが海外に飛び出し、…

続きを読む

【挑戦ハラル】京都、産学官で環境整備:ハラルカテゴリー、土産物開発も(2014/07/21)

昨年初めて1,000万人を超えた訪日外国人は、今年も過去最高ペースで増え続けている。こうした中、査証(ビザ…

続きを読む

【挑戦ハラル】ハラルがはらむリスク:認証団体乱立、弱い市場調査(2014/07/14)

「16億人の市場を開拓しよう」「観光客をたくさん呼び込もう」。叫ばれるキャッチフレーズとは裏腹に、ハラ…

続きを読む

【挑戦ハラル】市場比較、富は中東が圧倒(2014/07/14)

現在、日本国内でハラル食品市場として注目度が高いのは、世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシア…

続きを読む

【挑戦ハラル】熊本、ハラル食肉でリード:輸出もにらみ鶏・牛認証を取得(2014/07/07)

アラビア語で、「イスラム教の教義で許されるもの」を意味するハラル。インドネシアをはじめイスラム教徒が…

続きを読む

【挑戦ハラル】自治体も熱心、町興しにらむ例も(2014/07/07)

ハラル対応をうたう自治体や企業が増えているが、その中でも熊本は熱心な地方の一つだ。 熊本県は2012年度か…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン