変わりゆくラオス

160128developinglaos mmk icon
タイやベトナム、中国に挟まれた内陸国ラオスだが、製造業の生産分業先としてだけではなく、物流ハブとして、市場としても注目が高まる。現地取材を通じて現状を伝える。
すべての文頭を開く

【変わりゆくラオス】JICAがラオス支援を加速 周辺国と連結強化、LDC脱却へ(2016/11/02)

JICAラオス事務所の作道俊介次長=9月下旬、ビエンチャン(NNA撮影)
日本の国際協力機構(JICA)がラオスに対する支援を加速させている。経済発展を後押しするため、周辺諸…

続きを読む

【変わりゆくラオス】ビエンチャン空港の拡張進む 日本の官民が支援、18年8月完工(2016/10/25)

安藤ハザマ・ビエンチャン国際空港出張所の梅田智樹所長=9月下旬、ビエンチャン(NNA撮影)
ラオスの空の玄関口、首都のビエンチャン国際空港(ワッタイ国際空港)でターミナル拡張工事が進んでいる。…

続きを読む

【変わりゆくラオス】ビタパーク、第2期開発へ:年内にも着工、日本との連携期待(2016/03/09)

ラオスの首都ビエンチャン郊外にあるビタ・パーク経済特区(SEZ)は年内にも、工業団地の第2期分の開発…

続きを読む

【変わりゆくラオス】多様なサービス需要、日系も商機:ジェトロ柴田所長に聞く(下)(2016/02/05)

ラオスの首都ビエンチャンでは所得向上もあって多様なサービス需要が出てきており、規制緩和を受けて日本企…

続きを読む

【変わりゆくラオス】投資多様化、課題も:ジェトロ柴田所長に聞く(上)(2016/02/04)

ラオスに対する注目が徐々に高まってきている。内陸の小国だが、近年はニコンやトヨタ紡織に続き、三菱マテ…

続きを読む

【変わりゆくラオス】消費力高まる首都ビエンチャン:相次ぐ商業施設、日系も進出狙う(2016/01/28)

ラオスの首都ビエンチャンで、消費力の拡大が目立ってきた。ラオスの1人当たり国内総生産(GDP)は1,97…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン