はやわかり台湾法律講座

Lawcource twd
人事、労務面で問題を中心に、台湾の法律を弁護士の視点から紹介します。給与、企業同士の契約から知的財産権まで、ケーススタディも豊富にも取り上げ、日系企業の役に立つ情報が満載です。

筆者紹介

有澤法律事務所
2018年8月1日から日系企業業務を担当する弁護士陣を中心とする「有澤法律事務所」が新たに発足しました。本連載執筆陣の日系企業サービスチームは劉志鵬、黄馨慧、洪維徳の3人の弁護士が業務を担当します。


過去ページはこちら
すべての文頭を開く

【台湾法律講座】懲戒解雇は「懲戒事由を知った」後30日以内が適法であることの解説(10/13)

従業員が労働契約または就業規則に違反し、その情状が重大であるとき、労働基準法(以下「労基法」といいま…

続きを読む

【台湾法律講座】会社法における従業員の自社株保有制度(09/29)

従業員は会社経営において不可欠な重要メンバーです。特にスタートアップ企業では、従業員に自社の株式を引…

続きを読む

【台湾法律講座】書留郵便が返送された場合の意思表示の効力(09/15)

台湾では、契約取引の当事者が取引相手が契約を履行していないと考えるとき、通常は書留郵便の方式で相手に…

続きを読む

【台湾法律講座】台湾の電力産業規制の紹介(09/01)

台湾では2017年1月に電業法が改正されました。それまで台湾では台湾電力公司(以下「台電」)が発電、送電…

続きを読む

【台湾法律講座】営業秘密の認定について(08/18)

現代の企業は、顧客情報、製品の配合、製法などの商業的価値が高い機密情報を数多く保有していることが多い…

続きを読む

【台湾法律講座】商業賄賂の法的責任と企業の対応(08/04)

台湾では、企業と公務員の間のやり取りを刑法、汚職罪防止条例(中国語:貪汚治罪條例)および公務員清廉政…

続きを読む

【台湾法律講座】感染症の流行が深刻な期間における司法手続きに関する特別条例の紹介(07/21)

台湾では2021年5月に新型コロナウイルス感染症の流行が深刻化し、社会、経済など日常生活のみならず、司法…

続きを読む

【台湾法律講座】経済部能源局が正式に公告した電力の大口需要家の管理規則(07/07)

以前、2020年4月15日付の本欄で「一定の契約容量以上の電力使用者が設置すべき再生可能エネルギー発電設備…

続きを読む

【台湾法律講座】著作権法改正案の紹介(06/23)

デジタルテクノロジーとインターネットの発達により、社会全体や人々の日常生活は著しく変容しています。中…

続きを読む

【台湾法律講座】パートタイム労働者への法令の適用について(06/09)

パートタイム労働者とは、フルタイムで働く労働者(以下、「フルタイム労働者」といいます)と比べて、事業…

続きを読む

【台湾法律講座】通勤災害は労働災害に該当するのか(05/26)

本稿では、労働者が通勤中に事故に遭って死傷するいわゆる「通勤災害」は労働災害と認定されうるのか、とい…

続きを読む

【台湾法律講座】仮想通貨の資金洗浄防止に関する規定(05/12)

近年のブロックチェーン技術の普及に伴い、仮想通貨に関連する業界は、各国において急成長する新規産業にな…

続きを読む

【台湾法律講座】消費者保護法の懲罰的賠償金について(04/28)

消費者の権益保護、悪徳企業の抑止と制裁を目的として、消費者保護法第51条は、消費者は、企業経営者の故意…

続きを読む

【台湾法律講座】2021年度のコーポレートガバナンス青写真の新措置の紹介(04/14)

台湾のコーポレートガバナンスの深化、企業の持続可能な発展の向上、資本市場の国際競争力の強化を目的とし…

続きを読む

【台湾法律講座】飲食業空気汚染防止設備管理規則の概説(03/31)

本稿では、2021年2月5日に公布、施行された「飲食業空気汚染防止設備管理規則」(以下、「規則」といいま…

続きを読む

【台湾法律講座】台湾人が中国で投資または技術提携に従事する場合の関係規範(03/17)

「台湾地区と中国大陸地区の人民の関係条例」は中国人が台湾で投資する場合と同じように、台湾人による中国…

続きを読む

【台湾法律講座】ひき逃げに関する罰条の改正案(03/03)

人の死傷を伴う交通事故の当事者が現場から逃走する行為(ひき逃げ行為)について、台湾の刑法第185条の4は…

続きを読む

【台湾法律講座】労働者の労働者保険料および健康保険料について(02/17)

雇用主が法に従って従業員のために負担する費用のうち、最も一般的なものは労働者保険料および健康保険料(…

続きを読む

【台湾法律講座】「欠損」を理由とした解雇の適法性(02/03)

台湾は、「解雇事由法定主義」を採用しています。つまり、雇用主は労働基準法に規定された事由がある場合に…

続きを読む

【台湾法律講座】会社による利益準備金の積み立て(01/20)

会社が株主に利益を配当しようとする時には、会社法の規定に基づき、先に利益準備金を積み立てる必要があり…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン