• 印刷する

外相、越の反中暴動で国旗炎上に遺憾表明

シャンムガム外相は16日、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相と、ベトナム南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)で13日に起きた反中国デモについて電話会談を行った。シンガポール国旗が燃やされたことに強い遺憾の意を示している。

シャンムガム外相は、デモ参加者が暴徒化し、中国系など外資企業の破壊行為に及んだことを「憂慮している」と表明。VSIPはシンガポールとベトナム政府が推進してきたものと強調した上で、投資家や事業家からの信頼が暴動により損なわれかねないと指摘した。

ファム外相は、VSIPで人命と財産を守るために必要な措置を取ると確約している。


関連国・地域: 中国ベトナムシンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年は2月半ばの春節(…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

航空・海事業界でワクチン接種開始(01/20)

シンガポール航空、衛生安全基準で最上級認定(01/20)

保険会社や銀行、ワクチン接種促進に協力(01/20)

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始(01/20)

金融機関のサイバー攻撃対策、指針を改正(01/20)

シンガポールに農産品輸出センター開設へ(01/20)

シー、インドネシアでデジタル銀行計画(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン