大統領、津波警報装置に1兆ルピア超

ユドヨノ大統領は21日、ジャワ島南沖の地震・津波で被災したチアミス県パンガンダランを視察し、津波警戒メカニズム構築に必要な機材を購入するために1兆2,000億ルピアが必要と明らかにした。アンタラ通信などが伝えた。 政府がドイツや中国など外国と交渉するとし、2004年のスマト…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:6年ぶりにインドネシア…(02/20)

パパママストアに変革(上) IT活用、調達から販管まで(02/20)

日産、MPV2車種をフルモデルチェンジ(02/20)

日系参加の企業連合が南スマでガス鉱床発見(02/20)

三井石油開発、南スマトラで新たな鉱区落札(02/20)

ボーキサイト違法採掘、環境省が法的措置も(02/20)

使えるねっと、国営通信傘下と代理店契約(02/20)

韓国系ハナツアージャパン、首都に拠点設立(02/20)

ガルーダ航空、今年の純利益目標1兆ルピア(02/20)

タクシー最大手、今年の設備投資に117億円(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン