【新春インタビュー2】「友情年」、日韓を動くヒトとモノ

「韓流ブーム」に沸いた2004年は、日本から新たな観光客層が増えた年だった。また、3月から韓国の修学旅行生へのビザが免除されたことで日本行きも加速。人々の往来が活発になる一方で、情報技術(IT)関連部品などの貿易が増えるに伴い物流も活性化した。2005年は国交正常化40周年…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車電機農林・水産その他製造運輸IT・通信観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独メルク、平沢に半導体素材センター開設(19:59)

脱北者もコロナで急減、4~6月は12人(20:03)

テイクオフ:韓国で1日から自動車の…(07/02)

輸出が3カ月連続2桁減 半導体は横ばい、改善の兆し(07/02)

新型コロナ感染者、51人増の1万2850人(07/02)

ソウル市、外国人にも緊急支援金給付か(07/02)

金輸出が停止状態、LC決済に嫌気で(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン