【新春インタビュー2】「友情年」、日韓を動くヒトとモノ

「韓流ブーム」に沸いた2004年は、日本から新たな観光客層が増えた年だった。また、3月から韓国の修学旅行生へのビザが免除されたことで日本行きも加速。人々の往来が活発になる一方で、情報技術(IT)関連部品などの貿易が増えるに伴い物流も活性化した。2005年は国交正常化40周年…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車電機農林・水産その他製造運輸IT・通信観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国プロ野球(KBO)…(12/11)

大気汚染減へ石炭発電停止も 規制監視を強化、効果には疑問符(12/11)

11月車販売は4%減の33万台 13カ月連続減少、下げ幅は鈍化(12/11)

政府系ら銀行3行、LG化学の電池事業支援(12/11)

財務悪化のCJ、資産売却で改善図る(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

韓国新世界、ビンGとレジャー施設建設へ(12/11)

CJハロー、LGハロービジョンに社名変更(12/11)

現代自「コナ」、2年連続EV販売トップに(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン