バリ島爆発事件、閑散期に追い打ち

インドネシア・バリ島での爆発事件を受けて、シンガポールの日系旅行代理店は同地へ向かう予約者の意思確認作業に入った。オフシーズンとはいえ、客足に影響が出そうだ。 爆発は12日、午後11時ごろ繁華街クタ地区のディスコ2軒で連続して起こり、181人が死亡、邦人7人を含む255人が…

関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでの新型コ…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

都市ホテル初の循環型農業 仏アコー、野菜3割自給へ(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

コアインフレ率、約4年ぶり低水準(02/25)

累計90人、新たに1人(24日正午)(02/25)

中国渡航の外国人、入国7割却下(02/25)

企業の中国工場、操業再開も苦境(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン