• 印刷する

損保ジャパン記念財団、障害者団体に助成金

損保ジャパン記念財団は9日、2014年度海外助成金の支援先に決定したミャンマー最大の障害者団体「ミャンマー自立生活イニシアチブ(MILI)」への贈呈式を行った。

海外助成は日本での助成制度を発展させて2010年に始めたもので、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国やインドで社会福祉活動を行う非営利団体(NPO)を支援。14年度は5団体に計約450万円を助成する。

MILIは11年にヤンゴンで設立。ミャンマー国内に19支部、会員数2,196人を持ち、障害者の自立支援や権利の啓発・促進活動を行う。損保ジャパン記念財団は車いすや松葉づえといった補助器具や移動支援として、約934万チャット(約100万円)を助成する。

ミャンマーでの支援は、12年度に貧困者支援団体「無償葬儀サービス協会」に助成したのに続き、2案件目。14年度はカンボジア、タイ、フィリピン、インドの団体にも助成を行う。

損保ジャパン記念財団は1977年、安田火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)の社会貢献活動を担う財団として設立された。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン、1週間で4割高に 通貨切り下げで物価急騰(08/15)

金価格が過去最高値、250万チャット超(08/15)

ミャンマーから密輸の貴金属、インドで押収(08/15)

農業や少数民族支援に210億円支出、財務省(08/15)

農業の生産増、国軍の目標達成困難=専門家(08/15)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/15)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/15)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/15)

マレーシア外相、亡命政府との対話呼びかけ(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン