• 印刷する

日商が使節団派遣、経済協力で合同会議も

日本商工会議所は15日、2月24~28日の日程でミャンマーに使節団を派遣すると発表した。訪問中に同国の経済界関係者らとの合同会議を開くほか、日本が官民を挙げて開発を支援するヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)を視察する。

日本商工会議所の日本メコン地域経済委員会(小林洋一委員長=伊藤忠商事副社長執行役員)が主催するもので、2月25日に最大の都市ヤンゴンで合同会議を開催、食品や農業での投資機会や中小企業の連携などについて、ミャンマー側と協議する。同委員会は毎年、同様の会議を開いており、今年で11回目になる。

ミッションの訪問都市はヤンゴンと第2の都市マンダレーで、定員は60人。問い合わせや申し込みはウェブサイト<https://reg.lapita.jp/public/seminar/view/95>まで。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(16:50)

食材高騰で屋台値上げ、低所得層に打撃(15:58)

コメ価格急騰、市民生活を直撃(18:30)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(15:56)

17日の感染者54人、新たに死者確認(17:51)

6月も好調維持、対日輸出 主要品目が軒並み好調(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン