• 印刷する

ミャンマー進出後押し、経産省が四国で会合

日本の経済産業省四国経済産業局は26日、四国の企業によるミャンマー進出の後押しを目的とした会合「ミャンマー会in四国(第3回)」を2月16日に香川県高松市で開催すると発表した。

会合では、ミャンマーでの事業実績を持つ民間企業2社が現地への進出例を紹介する。また、国際協力機構(JICA)が進出支援制度について、海外産業人材育成協会(HIDA)が人材育成の支援制度を、それぞれ紹介する。

経産省四国経済産業局は昨年、海外展開に関して企業間の連携や交流を促す「四国地域海外展開応援フォーラム」を発足。ミャンマーやベトナムを対象とした会合を複数回にわたり開催してきた。

「ミャンマー会in四国(第3回)」への申し込みはウェブサイト<http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b2/kokusai/3_event/150122/150126.pdf>まで。


関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア産燃油調達委、軍の取り巻きが占める(11:27)

ヒヨコ豆とジャガイモ、3年ぶり高値(11:24)

FBの影響力に懸念、国軍が新技術開発へ(11:14)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン