• 印刷する

夜10時以降の酒販売禁止、ヤンゴンのコンビニ

ヤンゴンの各郡区当局は、24時間営業のコンビニエンスストアに対し、夜10時以降に酒類を販売しないよう指示した。飲酒による事故や犯罪を抑制する狙い。警察高官の話を、週刊紙ミャンマー・ビジネス・トゥデーが伝えた。

ヤンゴン西部警察のウィン・チー副警察長は、郡区当局と警察が協力して店舗の抜き打ち調査を行い、違反を見つけたら法規制に則って対処すると語った。

コンビニチェーン「グラブ&ゴー(G&G)」のティンガンジュン郡区の店舗マネジャー、コー・ソー・アウン氏は、「規制は、24時間の店の事業に間違いなく影響を与える」と懸念を示した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン、1週間で4割高に 通貨切り下げで物価急騰(08/15)

金価格が過去最高値、250万チャット超(08/15)

ミャンマーから密輸の貴金属、インドで押収(08/15)

農業や少数民族支援に210億円支出、財務省(08/15)

農業の生産増、国軍の目標達成困難=専門家(08/15)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/15)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/15)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/15)

マレーシア外相、亡命政府との対話呼びかけ(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン