【ディープチャイナ】地方から攻めろ、中国市場:大連で躍進する日系ブランド

中国でモノやサービスを売りたい日本企業は、数ある都市のどこを拠点にビジネスを展開していくべきか。資金力やブランド力に限界のある地方企業にとっては特に、巨大で多様な「世界の市場」の入り口選びは重要だ。その中で遼寧省大連市は多くの日系地方ブランドが中国進出の足場を…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昼前のオフィスに同僚の…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

不動産融資拡大に警戒も 銀行業界首脳、代替収益を模索(12/10)

環境政策を経済と協調関係に 環境相、景気減速でさじ加減苦慮(12/10)

本土とマカオの中銀、通貨スワップ協定締結(12/10)

来年の経済成長6.0%前後、社会科学院予測(12/10)

中国外相が来訪、ラカイン支援などを協議(12/10)

税優遇の輸入設備、改定版リストを発表(12/10)

来年の可塑剤市場、南亜と聯成で見方割れる(12/10)

中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン