• 印刷する

テイクオフ:ついに発売されたプロト…

ついに発売されたプロトン初の多目的車(MPV)「イグゾラ(EXORA)」。14日夜の発表会はナジブ首相らが出席する大規模なもので、期待の大きさを感じさせた。

他方、取材者泣かせだったのは、新車の名前。プロトン幹部、賓客の祝辞、テレビCM用映像、すべて発音が違うのだ。主なバリエーションは「イグゾラ」「イーゾラ」「エクソラ」「エーゾラ」など。アルファベットで思考するマレーシア人には同じかも知れないが、邦字紙記者には極めて重要な問題だ。

同社マーケティング担当ゼネラルマネジャーに「公式発音」を問い合わせると、「当初はイーゾラと読ませようということだったが、混乱を避けるためイグゾラにした」とのこと。本紙がこれまで使用してきた「イーゾラ」は2月の名称発表会の時点では正式名だったのだが、これに合わせてこっそり表記を変更させていただいたので、悪しからず。(佑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4月新車販売、前年比6.2%増 プロトン、SUV伸張で2位浮上(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

RM=26.2円、$=4.19RM(23日)(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ペンタマスター、半導体不振も業績に自信(05/24)

旅客サービス料改定、10月までに決定へ(05/24)

パンコール空港が10月開港、観光振興に期待(05/24)

首都圏住民の9割、不動産価格に割高感(05/24)

住宅クラウド融資、業界では賛否両論の声(05/24)

全宇、工研院から植物由来の糖質生産技術を取得(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン