《労使》【豪州法務実務のベーシック】[46]「豪州民事訴訟実務の概要(23)――豪州の裁判で日本居住者を訴えるには、執行するのは」

裁判をどこの裁判所でするかには、裁判の目的、当事者のビジネス判断、合意、法規定に拘束されるなどの諸事情がからまってきます。 豪州の裁判所で原告として裁判をすることとなった時、例えば被告が日本居住の個人、登記のある会社(まとめて「日本居住者」)である時、どのように…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

〔政治スポットライト〕12月11日総選挙の可能性あり?野党が警戒(15:45)

豪3年国債の利回り急上昇、NZインフレで(15:45)

ポスコ、豪の天然ガス社と買収交渉(18:18)

テイクオフ:自宅の掃除を後回しにし…(10/19)

渡航向け接種証明、きょうから 無料で入手可能(10/19)

QLD州政府、州境規制の緩和行程表を発表(10/19)

海運労組、接種義務中止なければQLDでスト(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン