【ASEAN経済共同体】先行者利益とリスク表裏一体:部品集積度、タイに及ばぬ訳

【第7回】インドネシアに進出する部品メーカーは、産業集積度がまだタイの3割に満たない環境下、業界の垣根や系列をまたいだ受注獲得を進めている。タイ進出がもはや周回遅れとみなされるのと対照的に、この国にはまだ先行者利益がある。「タイに追いつくには10~15年かかる」と業…

関連国・地域: 中国タイベトナムインドネシアフィリピンインド日本中南米
関連業種: 自動車・二輪車繊維鉄鋼・金属金融運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EV関連の大統領令を公布 21年に現地調達率35%以上へ(08/16)

EV普及で自動車部品会社3割が消滅か(08/16)

国産電動バイク、21年に現調率100%へ(08/16)

7月の貿易収支、3カ月ぶりの赤字に転じる(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

PtoP事業、データセンター加入義務化へ(08/16)

AP1、韓国の仁川国際空港公社と協力事業(08/16)

MRTジャカルタとソウルメトロが協力覚書(08/16)

スマホ市場、中国OPPOが初の首位(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン