【ASEAN経済共同体】先行者利益とリスク表裏一体:部品集積度、タイに及ばぬ訳

【第7回】インドネシアに進出する部品メーカーは、産業集積度がまだタイの3割に満たない環境下、業界の垣根や系列をまたいだ受注獲得を進めている。タイ進出がもはや周回遅れとみなされるのと対照的に、この国にはまだ先行者利益がある。「タイに追いつくには10~15年かかる」と業…

関連国・地域: 中国タイベトナムインドネシアフィリピンインド日本中南米
関連業種: 自動車・二輪車繊維鉄鋼・金属金融運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(20:56)

バンドン高速鉄道、肺炎影響に異なる見解(22:48)

多目的ダム8カ所が年内に完成=公共事業省(20:22)

電力分野の投資誘致、5年で390億ドル目標(21:28)

テイクオフ:知人に誘われ久しぶりに…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

ダイセイグループが事業拡大 運営統合、コンテナ飲食店も開業(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

日本人の入国拒否、感染疑いでインドネシア(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン