【日系企業がゆく】昆山兼房高科技刀具有限公司

第46回 日常に触れるもので、「切削加工」が必要なものは数限りない。建材や書籍、自動車部品、IT(情報技術)機器部品――。あらゆるものを正確かつ美しく切削加工し、製品の付加価値を向上させ生産コストを下げる役割を持つのが工業用刃物だ。本社は創業100年以上、今やIT(…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

9月の製造業PMI、0.5P上昇の51.5(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新型コロナ感染者、514人に(09/30)

MGモーター、生産増強に100億ルピー(10/01)

長城汽車、東部の旧GM工場取得で最終契約(10/01)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

日本のタイ向け鉄鋼輸出、8月は今年最低(10/01)

サンタン、22年3月までに国内外100店舗へ(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン