• 印刷する

バンコク女性、消費はトレンド追い=博報堂

バンコクに住む女性の消費スタイルは、「移り気なトレンド・フォロワー」——。博報堂が5日発表した東南アジア7都市を対象にした生活者調査リポート「グローバル・ハビット」で分かった。

7都市における中間層の女性の消費意識、買い物行動やブランド意識などに注目し、2010~14年の5年間(ヤンゴンは13年のみ)の調査データを分析。5つの消費スタイル・クラスターに分類したところ、バンコクの女性(2,012人)は「移り気なトレンド・フォロワー」に分類された人が全体の33.5%を占めた。トレンド・フォロワーは、買い物やブランド選択の計画性が低く、あまり検討せずに衝動的に商品を買う傾向が強い。自分の考えよりも他人や周囲の意見に影響を受ける消費パターンを持つと考えられる。

■分かりやすいプロモーション有効

調査によると、タイは女性の高学歴化が進んで就業率が高い上、シンガポール並みに社会の「少子化」が進行していることから、女性の個人的な自立が進んでいると考えられる。現時点では経済の伸びが緩やかなこともあり、意識の面で上昇志向や競争意識よりも安定志向や横並び意識が強くなってきていると分析される。消費活性化に向けては、中間層女性の手が届く商品を用意して、分かりやすいプロモーションを実施するのが有効という。

バンコクの女性はこのほか、家族志向が強く、個人の欲求よりも周囲や家族を重視する「家族コミュニティー優先派」が23.5%、買う前に値段をよく比較して計画的な買い物をすることが多く、総じて価格志向が強い「賢く手堅い合理派」が20.2%、ブランド志向が強く、衝動買いや新商品志向が強い「高感度な自己表現派」が16.0%、商品知識を広く持ち合わせ、ブランド志向が非常に高い「ブランド志向コスモポリタン」が6.8%を占めた。

同リポートは、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、メトロマニラ、ジャカルタ、ホーチミン市、ヤンゴンの15~54歳の女性を対象に、1万943人分のデータを分析。消費意識に関する20項目の質問を尋ねた。調査期間は10~14年。博報堂はグローバル・ハビット調査を2000年から実施している。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ASEAN
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者、4日連続で1万人超(16日)(10/16)

感染者1万人、死者は94人(15日)(10/16)

工業連盟、半導体不足が23年まで続くと懸念(10/15)

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(10/16)

夜間外出禁止、あすから短縮 厳格管理地域を23都県に縮小へ(10/15)

デジタル人材の給与上向きか 22年は2%上昇、業界団体が予測(10/15)

都県別のコロナ感染動向区分(21年10月16日)(10/15)

感染者1.1万人、2日連続で1万人超(14日)(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン