• 印刷する

テイクオフ:先週金曜日にマニラ首都…

先週金曜日にマニラ首都圏の一部などで降った雨は、久々の土砂降りだった。まさに、滝のようなという表現がぴったり。エルニーニョ現象による日照りが続き、このところは当地の夏としては過去10年来最高の気温という猛烈な暑さでいささか参っていただけに、足止め要因になったとはいえ、嬉しい雨だった。

「そろそろ雨季が近いのかな」と思ったら、週末はまたも猛暑がぶり返してしまった。フィリピン気象庁(PAGASA)の話では、金曜の大雨はたまたま首都圏などを覆った低気圧によるもので、実際の雨季入りは6月第2週ごろらしい。「この凄まじい暑さとまだ付き合わないといけないのか」――ちょっとうんざりだ。

もっとも、雨季が来たら来たで、傘が手放せない毎日を恨めしく思うに決まっている。我ながら身勝手なものだ。まあ、人間だから仕方ないけれど。(和)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン