【クローズアップ】エコ交通手段として注目:韓国電動自転車市場

韓国政府が低炭素・グリーン成長を推進するなか、電気自動車(EV)と同様に電動自転車が有望市場として浮上している。2006年にヤマハ発動機(本社・静岡県)が韓国で発売したのを皮切りに、韓国メーカーも相次いで参入。早期参入していた中国からの輸入品と日本、韓国のメーカー…

関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

若者向けITセンターが開所、韓国支援(05/20)

テイクオフ:お笑い芸人は韓国でも非…(05/20)

配車アプリ、サービス多様化 競争激化でもっと便利に(05/20)

4月輸出額2.0%減、半導体が低迷=確定値(05/20)

上場企業の実績、半導体業界の不振で減益に(05/20)

サムスン1Q半導体売上、34%減少(05/20)

KCC、米シリコーン大手の買収完了(05/20)

韓国国際協力団、中部都市のスマート化推進(05/20)

サムスン、西安工場への追加投資報道を否定(05/20)

現代自の4月販売、小型商用車好調で17%増(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン