• 印刷する

豪州からの牛輸入、インドネシアが割当量を半減

インドネシア政府はこのほど、来年の豪州からの生体牛輸入割当量を今年の52万頭から28万3,000頭に削減する方針を明らかにした。インドネシアが2014年までに牛肉供給の完全自給化を目指していることが背景にある。今年6月の生体牛の一時輸出禁止で打撃を受けた豪州の畜産業者にとっては、新たな壁が出現した形だ。

インドネシア政府は、生体牛の輸入割当量を削減するほか、世界全体の加工牛肉の輸入割当量を3万4,000トンに削減する方針。17日付ジャカルタ・ポストによると、インドネシア農業省のシュクル家畜衛生局長は、インドネシア国内で約1,470万頭の生体牛を確保しているため、来年の輸入割当を大幅に減らすことができると説明している。

割当量が約半減することになる豪州では、生体牛の大半を同国へ輸出している北部の畜産業者が、国内外で新たな市場を開拓する必要が出てきた。

今年6月頃のインドネシア向け生体牛輸出の一時禁止で打撃を受けた豪州の畜産業者や畜産農家は、今回の決定に驚きを隠せないでいる。生産者団体アグフォース・キャトルのモーズリー代表は、「クイーンズランド(QLD)州がインドネシア向け生体牛の20%(約10万頭)を担っており、インドネシアが削減を行えば、輸出量が40%削減されることになる」と指摘。豪州肉牛生産者協議会(CCA)のイナル最高責任者は、「豪州の畜産業界は政府と一緒に、インドネシア当局と対話を続けていくべき」などと主張している。【詳しくは今週のウェルスで】


関連国・地域: インドネシアオーストラリア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪企業、今年の給与予算20%増を想定=調査(18:11)

政府コンサル契約、5社の延長だけで1日百万$(18:11)

テイクオフ:オーストラリア・ゴール…(08/18)

豪の2Q賃金、2.6%上昇 14年3Q以来最大の伸び(08/18)

サウス32の炭鉱労働者、16%昇給要求(08/18)

豪準備銀、利上げ継続もペース減速を示唆(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン