• 印刷する

マ日国際工科院、日本政府が67億円の円借款

日本政府は、国際協力機構(JICA)を通じて日本式の工学教育を取り入れたマレーシア日本国際工科院(MJIIT)の設備費用として、マレーシア政府に66億9,700万円の円借款を貸与する。27日に行政都市プトラジャヤのホテルで調印式が行われた。

MJIITにおける教育、研究用資材・機材の調達、その調達に必要なコンサルティングサービスに向けた資金を貸し付ける。金利は設備購入など本体部分が2.0%(年)、コンサル部分は0.01%。償還期間は30年間となる。

事業は2018年6月の完成を予定する。研究資材調達の入札は来年10月となる見通し。MJIITの11~17年の総事業費(運営費、実験設備費、施設費など)は約200億円とみられており、約3分の1が円借款で賄われることになる。

MJIITは、国立マレーシア工科大学(UTM)内に学部・大学院を有するインスティチュートとして設置され、今年9月に開校した。日本式の工学教育の特徴を生かすとともに、環境技術など新分野にも重点を置く。校舎はクアラルンプール中心部にあるUTM国際キャンパスに建設中で、関係者によると工事は99%完成している。現在はUTMの別校舎内で第1期生約60人が学んでいる。初年度は日本の協力大学23校から6人の教員が派遣される予定だ。

日本からマレーシアへの円借款貸付はこれが75件目となる。JICA関係者によると、国民総所得(GNI)水準からみて同国への政府開発援助(ODA)は「卒業」の時期を迎えている。ただこれまでの両国の協力関係を考慮して特別に移行期間が設けられており、今後4~5年は円借款の新規貸与が可能という。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(18:16)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

専業主婦対象の社会保障スキーム、12月開始(18:22)

テイクオフ:格安航空会社(LCC)…(08/18)

EVバイクの普及本格化へ 地場新興エクリモ、生産を倍増(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン