• 印刷する

対日貿易、11月は271億円の黒字

日本の財務省が発表した貿易統計(速報値、通関ベース)によると、11月のベトナムから日本への輸出額は前年同月比43.9%増の909億円、日本からベトナムへの輸入額は同12.2%増の638億円だった。ベトナム側から見た貿易収支は271億円の出超で、今年1~11月で最も黒字幅が大きかった。今年は2月を除いて収支がプラスとなっている。

東南アジア諸国連合(ASEAN)全体では、11月の輸出が10.4%増の8,150億円、輸入が7.0%減の7,454億円。貿易収支は696億円の出超だった。

域内で最も輸出の伸びが高いのはベトナムで43.9%増。マレーシアも25.4%増えている。大洪水に見舞われたタイは11.9%減と最も下落幅が大きい。他にマイナスとなったのはインドネシアで、2.8%減だった。

日本からの輸入が最も伸びたのはインドネシアで29.9%増。タイは24.0%減で最も下げた。シンガポールも16.8%減と大きく下落している。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシア日本ASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

建設費高騰巡り7年係争続く 北中部の発電所、相次ぎ障害(08/09)

ペレンコ出資の南部鉱区、4億バレル産出へ(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

鉄鋼ホアセン、株式配当で9970万株を発行(08/09)

ビンファスト、北部工場で8千人追加雇用へ(08/09)

縫製・電子企業、受注減少も雇用維持に苦慮(08/09)

ハノイ3号線高架部分の年内完成指示、首相(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン