• 印刷する

今年のGDP成長率5.89%

統計総局(GSO)が29日発表した経済統計(推計値)によると、今年の実質国内総生産(GDP)成長率は5.89%だった。政府は通年の成長率目標を当初の7.0~7.5%から2度にわたって6.0%まで引き下げていたが、これもやや下回った格好だ。

昨年のGDP成長率は6.78%で、今年はこれを1ポイント近く下回った。これについて、GSOは「政府がマクロ経済の安定とインフレ抑制を優先し、生産活動が縮小したことを考慮すれば妥当な数値」と説明。ただ、消費者物価指数(CPI)は通年で18.58%上昇しており、成長を犠牲にしただけの成果が上がったかには疑問が残る。

GDP成長率を四半期別にみると、第1四半期(1~3月)は前年同期比で5.57%、第2四半期(4~6月)は同5.68%、第3四半期(7~9月)は6.07%、第4四半期(10~12月)は6.1%と回復傾向がみられた。

通年の成長率を産業別にみると、第1次産業(農林水産業)が4.0%、第2次産業(工業・建設業など)が5.53%、第3次産業(サービス業)が6.99%だった。

■貿易赤字は23%減

GSOは貿易や鉱工業生産など、その他の主要経済統計の推計値も発表した。

今年の輸出は前年比33.3%の963億米ドル(1米ドル=約78円)、輸入は同24.7%増の1,058億米ドルで、95億米ドルの入超だった。貿易赤字は昨年の124億米ドルから約23%減少した。輸出に対する貿易赤字の割合は9.9%で、16%以内としていた政府目標を達成した。

鉱工業生産指数(IIP)は前年比で6.8%上昇。ただ、在庫指数は12月初めの段階で1年前に比べて23%伸びており、生産を縮小せざるを得ない状況は続いている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、23年半導体生産へ 北部工場で、一貫体制を強化(08/08)

パシフィック航空、航空免許取消の可能性も(08/08)

中国との外相会談、国際問題に協力で合意(08/08)

ベトナム航空が23年以降増資計画、財務改善(08/08)

日本板硝子、太陽電池パネル用ガラス生産へ(08/08)

ザロ運営のVNG、3四半期連続赤字に(08/08)

FLCファロス株取引停止へ、決算報告遅れ(08/08)

ホーチミンの不動産価格、下期は下落懸念(08/08)

Thaco、年内にEマートを2カ所に出店(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン