• 印刷する

テイクオフ:今年の韓国の野球界とサ…

今年の韓国の野球界とサッカー界は、全く対照的な様相を見せている。若者を中心にファン層を広げ盛り上がるプロ野球に比べて、八百長が発覚したプロサッカーのKリーグでは、ファン離れが著しい。一部のチームを除いて、スタンドはガラガラだ。

プロ野球は2008年の北京オリンピック優勝や09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準優勝を機に、確実にファン層を厚くしてきた。一方、サッカーが盛り上がるのは国際試合に限ってのこと。Kリーグへの国民の視線は冷たい。

欧州リーグで活躍する選手が増える中、Kリーグの低迷は残念でならない。Kリーグには八百長問題を克服して、韓国サッカーの成長に向けてもう一度歩き出してもらいたい。サポーターは12番目の選手というように、さらなる成長のためにはサポーターの力が必要不可欠だ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で在宅勤務が長…(08/04)

7月の韓国車販売横ばい 半導体不足が長期化、国内に打撃(08/04)

【月次リポート】自動車ニュース(21年7月) EU、35年にガソリン車販売禁止(08/04)

コロナ新規感染者1202人、28日連続で千人台(08/04)

ワクチン接種、1回目47万3850人増(08/04)

デルタプラス株に2人感染、渡航歴なしも(08/04)

CPI、4カ月連続でインフラ目標超え(08/04)

週52時間制、労働力不足に悩む中小企業(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン