• 印刷する

韓国投資ファンド、日本の中小企業買収を促進

韓国のベンチャー投資ファンドが、日本の中小企業の買収に乗り出す方針を示している。日本企業の持ち株を獲得した後、韓国の中小企業が買収するなどの方法で日本の優秀な基幹技術を確保し、中小企業の競争力を高めたい考えだ。韓国経済新聞が伝えた。

ナウIBキャピタルはこのほど、日韓の中小企業による合弁会社設立に30億ウォン(約2億1,700万円)を投資した。実質的に韓国企業が日本企業の持ち株を獲得し、技術移転を受ける形で日本企業の買収を行う。また、年内に2、3件の追加投資を計画しているという。

一方、KTB投資証券とKTキャピタルは、韓国政策金融公社からそれぞれ700億ウォンの支援を受け、韓国企業による日本企業への投資・買収を模索している。

投資業界が日本の中小企業の合併買収に動いているのは、多くの大企業が海外移転したことによる需要の限界と企業承継の問題で、日本企業買収の機運がいつにも増して高まっているという判断からだ。また、合併・買収(M&A)に対する日本企業の抵抗感も少ない上、韓国政府が積極的に海外資本への投資を推奨している点も高まる関心の一因とみられている。

中小企業研究院の関係者は「部品・素材や熱処理など、韓国にとって高い相乗効果が期待できる分野を中心にパートナーシップを結んでいくのが望ましい」と話した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:尹錫悦(ユン・ソンニョ…(08/08)

サムスン、23年半導体生産へ 北部工場で、一貫体制を強化(08/08)

初の月探査機打ち上げ 世界で7番目、宇宙事業に本腰(08/08)

輸出の上向き継続 7月は18%増、輸入もプラス(08/08)

新規感染者10.6万人、死者27人増(08/08)

国内5社、信用評価の合弁会社設立(08/08)

LGイノ、基板素材の経験者を積極採用(08/08)

中韓がEV関連事業に150億ドル、国営企業相(08/08)

KTとトルコ企業、コンテンツ事業で協力(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン