• 印刷する

サムスンがMSと和解、新OS開発で協力も

サムスン電子が、米マイクロソフト(MS)と米インテルに急速に接近している。特許紛争を広げていたMSと和解に合意しただけでなく、インテルと共同で米リナックス基盤の新型プラットホームの開発にも乗り出した。現在、モバイル基本ソフト(OS)市場を二分する米アップルと米グーグルに次ぐ第3勢力として、注目が高まっている。韓国経済新聞などが伝えた。

サムスン電子とMSは28日、両社が保有する特許に関してサムスン電子がロイヤルティーを支払うことで合意し、一連の対立に終止符を打った。両社は、互いに保有する特許を共有することで市場競争力を高め、他社からの特許侵害訴訟に対し有効に対処できると期待している。また、今後はサムスン電子が強みを持つハードウエア部門とMSが得意とするソフトウエア部門を結合させ、マイクロソフトOSを搭載した「ウィンドウズフォン」の開発とマーケティングで協力していくことにも合意した。

またサムスン電子は、インテルと共同でリナックスが基盤となるプロジェクト「ティゼン(Tizen)」を開始する。パソコン(PC)や多機能携帯電話(スマートフォン)だけでなく、スマートテレビや車載用インフォテイメント機器にも搭載されるオープンソース型のモバイルOSを開発する計画だ。来年第1四半期(1~3月)に最初のバージョンを発表し、半ば頃に搭載製品を発売するという。開発に成功すればアップルの「iOS」とグーグルの「アンドロイド」に続く第3勢力の誕生となり、世界の情報技術(IT)市場に影響を及ぼす可能性がある。

■MSとの和解、サムスンの苦悩

MSとの和解やインテルと共同での開発により、サムスン電子の脱グーグル・反アップルの流れが加速している。泥沼化の様相が続くアップルとの特許訴訟に続き、米モトローラを発表したグーグルとの関係も悪化しつつある中で、同社が選択したのはMSとの関係強化。同社関係者は、「強力な友軍を手に入れた」と話す。さらに同社は、新型OS開発プロジェクトをインテルと共同で行うことで、「OSの多様化」を目指す計画だ。

アップルとの訴訟にも一貫して強気を見せるサムスン電子だが、一方では苦悩もある。MSへのロイヤリティー支払いを認めたサムスン電子は、スマートフォンを売れば売るほどロイヤルティーを支払わなければならなくなった。また、ロイヤルティーを支払う代わりに、MSとの協力関係を手に入れた同社にとっても、実情は苦しいようだ。同社関係者は、「MSと合意できなかった場合、MSがアップルのように訴訟に出る可能性が高かった」と話した。すでにアップルとの全面的な法的訴訟状態にある中、もう1つの敵を作るわけにはいかないという心理が、今回の選択に響いたようだ。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソウルフェスタ202…(08/11)

外国人労働者のビザ枠拡大 8.4万人確保へ、造船業など支援(08/11)

首都圏で連日の豪雨、車浸水など被害多発(08/11)

豪雨で江南駅が浸水、直近10年で7回目(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

新規感染者、119日ぶり15万人超え(08/11)

新規感染者、今月中に1日20万人も(08/11)

満5歳での小学校入学、政策撤廃か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン