• 印刷する

テイクオフ:思わずそばにいた中年男…

思わずそばにいた中年男性に尋ねてしまった。「これは“愚人節”にちなんだ冗談ですか?」――。折しも愚人節ことエープリルフールの4月1日。体を動かそうと北京市内のフィットネスクラブに赴くと、入り口付近は人でごった返していた。聞けば施設が突然閉鎖され、管理会社と連絡が取れなくなったのだとか。

「2日前に会員カードを買ったばかりなんだよ!」とほえる中年女性を筆頭に、多くの人がビル管理業者を問いただしている。あまりの騒ぎに警察官が動員され、最終的には複数の地元新聞社も駆けつける事態に発展した。

知人によると、同店の会員数は6,000人余りで、会員への払戻総額は1,000万元に上るのだという。10日現在も救済策は発表されていない。計画倒産めいた事例の多い中国だが、はて今回返金は行われるのだろうか。(崇)<北京>


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

順法企業は心配無用、ブラックリストで政府(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

上場企業のインサイダー取引、罰則を強化へ(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

国有企業の利益、1~8月は24.2%減(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン