• 印刷する

テイクオフ:広州ではほぼ流通してい…

広州ではほぼ流通していない1元(約13円)の100分の1の通貨「分」。友人が言うには「物乞いに渡すと怒られる程価値が低い」ということだが、最近は「角」もらしい。

あるバス停で、物乞いのおじさんがバスを待つ人に声を掛けていると、1人の女性が10分の1元である1角札を手渡そうとした。ところが、おじさんはその1角札を女性からむしり取ると、クシャクシャに丸めて女性に投げつけ、あろうことかものすごい剣幕で罵声を浴びせた。広東語なので何を言っているのかは不明だが、「そんなはした金じゃ飯も食えんっ!」などと言っていたのだろう。

おじさんはその後も物乞いを続けていたが、さすがにこの騒動の後では誰も見向きもしない。短気は損気、ちりも積もれば山――とは言うが、物価上昇の波は物乞いの世界でも大きな圧力となっているのだろう。(程)<広東>


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

MLF金利据え置き、5000億元を供給(01/15)

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

20年の貿易額が過去最高に 医療、巣ごもり需要で輸出拡大(01/15)

華南日系、日中ビジネス往来「改善望む」(01/15)

商務省の国際貿易交渉代表、3年ぶり任命(01/15)

中国ワクチン、有効性に疑問の声も計画維持(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

20年の中古車取引、3.9%減の1434万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン