• 印刷する

伊藤園が上海に販社、茶系飲料の拡販本格化

伊藤園は3日、上海市に設立した茶系飲料や茶葉の販売事業を手掛ける全額出資子会社が、営業を開始したと発表した。上海市を中心に茶系飲料の拡販を目指す。

新会社の名称は伊藤園飲料(上海)で、9月12日付で開設した。資本金は4,000万元(約5億2,830万円)。まずは上海の日系スーパーやコンビニ向けに茶系飲料の売り込みをかける。売上高は5年後に年間10億円超を目指す。

伊藤園は、福建省福州市に茶系飲料の製造・販売を手掛ける合弁会社を持っており、これまでは合弁会社が問屋などを通じて香港や上海市などで販売していた。合弁会社が年産能力を現在の100万ケースから300万ケースに拡大することを受け、上海に販社を設立することで自社販売を本格化する。

伊藤園は浙江省餘姚市に茶葉の製造・輸出を手掛ける合弁会社も持ち、販社設立は中国現法として3社目となる。<上海>


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝晩にランニングをして…(04/21)

中国IT大手が存在感 上海MS、車両ハイテク化が加速(04/21)

5G利用端末2.6億台、世界最大級の通信網(04/21)

日米が楽天を共同監視、中国への情報流出警戒(04/21)

中国経済は年内「力強く成長」、朱民氏(04/21)

経済安保が重要課題に、効率優先曲がり角(04/21)

新5カ年計画で工業ネット促進、科学技術省(04/21)

アナンダ、中国・香港でコンド販売強化(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン