• 印刷する

伊藤忠丸紅鉄鋼、プレス業者APIを子会社化

伊藤忠丸紅鉄鋼は6日、マレーシアの金属プレス加工会社、アンシン・プレシジョン・インダストリーズ(API、スランゴール州シャアラム)の株式67.81%を筆頭株主アン・ジュー・リソーシズなど合弁相手2社から取得することで合意したと発表した。これにより、APIへの出資比率を従来の11.69%から79.50%に引き上げて連結子会化する。

マレーシア側の発表によると、伊藤忠丸紅鉄鋼が取得するAPI株のうちアン・ジューの持ち株59.12%の代金は890万リンギ(約2億4,100万円)。

一方、伊藤忠丸紅鉄鋼はAPIが36%を出資する金型・治具メーカー、SAネットワーク・テクニカル(STI、スランゴール州シャアラム)の未保有株64%を筆頭株主の三立工業(栃木県栃木市)から取得し、SAをAPIの全額出資子会社とする。

伊藤忠丸紅鉄鋼は、マレーシアの自動車生産は今後も安定成長が見込まれているが、2015~16年に予定されている東南アジア諸国連合(ASEAN)のASEAN自由貿易地域(AFTA)内の完成車輸入税5%への統一措置に対応するため、同国の自動車メーカーは現地調達率引き上げによる競争力強化を図っていると指摘。その上で「APIとSTIはプレスから金型製作・セミアセンブリングまでを一体で行うマレーシア唯一の企業群で、自動車メーカーや電機メーカーなどへの幅広い貢献が期待される」と説明した。


関連国・地域: マレーシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う保育園の先…(08/15)

GDP成長率、8.9%に加速 4~6月、活発な個人消費がけん引(08/15)

新規感染4334人、2日ぶり4千人超(08/15)

ゲーム開発のヴァーチャス、首都に拠点開設(08/15)

RM1=30.0円、$1=RM4.44(12日)(08/15)

タイ・ラオスと結ぶ貨物鉄道、10月運行開始(08/15)

ペナンLRT事業、入札書類の提出期限延長(08/15)

不動産市場、4~6月は活況=情報サイト(08/15)

マレーシアへの日本酒輸出額、上期は79%増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン