• 印刷する

10月の住宅融資、前月比1.8%増

豪政府統計局(ABS)によると、10月の住宅融資総額(季節調整値)は前月比1.8%増の215億6,400万豪ドル(約1兆8,700億円)だった。内訳は居住用の住宅物件が同0.2%減の138億6,300万豪ドル、投資用物件が同5.5%増の77億100万豪ドル。

住宅の融資成約件数は同0.1%増の4万6,477件。中古住宅の購入件数は同0.1%減の3万8,900件、新築住宅の購入件数は同4.2%増の2,673件だった。新規住宅の着工件数は同0.3%減の4,903件。

JPモルガンのエコノミストは、10月に初回住宅購入者と居住用物件に対する融資件数が減少した点を指摘。住宅分野の成長を促すために、豪連邦準備銀行(RBA)が追加利下げに踏み切る必要があるとの見方を示した。一方で、投資用物件に対する融資額は9~10月にかけて約14%増加しており、過去5年間で最高水準の伸び率となっている。

■商業融資は4.8%増

またABSが発表した金融統計によると、10月の商業向け融資総額は同4.8%増の316億9,900万豪ドルだった。9月の同8.8%増(修正値)からやや減少した形となった。

内訳は固定ローンが同7%増、リボルビング・クレジット(クレジットカードを含む回転信用枠)が同0.8%減。

個人向け融資総額は同0.9%減の73億4,300万豪ドルで、内訳は固定ローンが同0.9%減、リボルビング・クレジットは同0.8%減だった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

テイクオフ:在宅勤務の影響で、広い…(08/12)

豪NZ航空業混乱、収束見えず カンタス、Jスターはストも(08/12)

全国オフィス稼働率低下、メルボは38%と低調(08/12)

不動産情報REA「住宅価格の上昇継続ない」(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン