• 印刷する

セントラル、仏トタルとシェールガス探査で合弁

豪証券取引所(ASX)に上場する探鉱会社セントラル・ペトロリアムはこのほど、豪州中部サザン・ジョージーナ盆地でのシェールガス探査で、仏石油大手トタルと合弁契約を結んだと発表した。両社は同盆地内4カ所での探査に総額1億9,000万米ドル(約152億円)を投じる予定だ。7日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

トタルは探査開始後4年間に発生するコストの8割を負担する見込み。探査プログラムの初期段階に6,000万米ドルを投じた後、トタルは第2~3段階に必要となる1億3,000万米ドルの投資を行うかを決定するオプションを有しており、すべての探査活動が終了した後、オペレーターとして鉱区権益の90%を取得する見通しだ。

セントラルは10月初めに、北部準州アマデウス盆地とペディルカ(Pedirka)盆地での探査に関して、石油大手サントスと合弁契約を結んでおり、最大1億5,000万豪ドル(約125億円)を投じることで合意していた。

豪州でのシェールガス事業は始まったばかりで、ブームに沸く米国に比べて大きく遅れをとっているものの、海外企業では米コノコフィリップスとノルウェーのスタトイル(Statoil)、英BGグループがすでに豪州のシェールガス事業に参画している。


関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが娘が家に呼んだオー…(08/15)

豪国税局による負債請求が増加、取立て強化(08/15)

豪予算案に移民誘致策、人手不足に短期的対処(08/15)

雇用サミット、労働者増と技能向上を=財界(08/15)

豪の堅調な消費支出、11月から失速か(08/15)

豪ベビー用品企、建材不足で出店拡大進まず(08/15)

コロナ関連販売で暴利、豪当局が取締り強化(08/15)

NSW州、リバーウッドで住宅4000戸計画(08/15)

会計ソフトMYOB、来年に売却の可能性?(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン