• 印刷する

アヤラとルスタンズ、デパート経営で提携

不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)と小売り大手ルスタンズ・グループが提携し、デパート経営に乗り出す。ALIのイスマエル最高財務責任者(CFO)がこのほど記者団に明らかにしたもので、第1弾として同社がマニラ首都圏ケソン市で建設しているショッピングモール「フェアビュー・テラス」の旗艦店として出店する計画だ。12日付インクワイラーが伝えた。

イスマエルCFOによると、ルスタンズと共同展開するデパート・チェーンの名称は未定。「フェアビュー・テラス」の開業前に発表するとしている。

ルスタンズは高品質なサービスを提供するルスタンズ・スーパーマーケットや大型小売店舗のショップワイズを運営する小売り大手。イスマエルCFOはデパート市場参入について、高級小売り分野で実績のあるルスタンズと組むことで、先行各社に十分太刀打ちできるとの見解を示した。

「フェアビュー・テラス」事業は、ALIが有力実業家ルシオ・コー氏率いる小売業ピュアゴールド・プライス・クラブ(PPCI)の完全子会社エリマック・プライム・ホールディングスと提携して展開。来年末までの開業を予定している。

ALIとルスタンズは、コンビニエンスストア大手ファミリーマートを国内展開する事業でも提携している。ファミリーマート、伊藤忠商事と現地法人「フィリピン・ファミリーマートCVS(PFM)」を設立し、来年2月に1号店を首都圏マカティ市に開業する予定だ。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン