• 印刷する

ビザ発給手数料、来年1月から引き上げ

来年1月1日から、ビザ(査証)や一時在留許可証の発給手数料が引き上げられる。このほど公布された財務省通達190号(190/2012/TT―BTC)に規定されている。13日付政府公式サイトが伝えた。

外国人、海外在住ベトナム人のシングルビザ(1回の入国)は、発給手数料が現在の25米ドル(約1,990円)から45米ドルに値上げされる。滞在最長12カ月のマルチビザ(複数回の入国が可能)は滞在期間によって3種類に分けられ、◇滞在1カ月未満は65米ドル◇滞在6カ月未満は95米ドル◇滞在6カ月以上は135米ドル――となっている。

1年以上滞在する場合の一時在留許可証の発給手数料は20米ドル引き上げられる。1年間有効の許可証は80米ドル、1~2年は100米ドル、2~3年は120米ドルとなる。

また、保有しているビザや一時在留許可証を、新規発行したパスポートに転記する場合、手数料は現在の10米ドルから15米ドルになる。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北部の電力逼迫、峠越える 節電と水力フル稼働、続く綱渡り(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

30年時点の石炭火力は25~31%、商工省最新案(08/18)

JERA、地場再エネ大手に150億円出資(08/18)

7月東南ア訪日者数、前年比24倍の4.5万人(08/18)

金融機関の再編へ財務評価基準策定、財務省(08/18)

サイゴンハノイ銀行、新頭取にハー氏(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン