• 印刷する

平均年齢は23歳、域内で3番目の低さ

国家統計調整局(NSCB)は、フィリピン人の平均年齢は東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でも3番目に低く、今後の経済成長にとって大きなメリットになるとする報告書を発表した。

同報告書は、2010年に実施した国勢調査に基づいて、フィリピン人の平均年齢は23歳であり、ラオス(21歳)やカンボジア(22歳)に次いで域内で3番目に低いと指摘。その上で、国内または海外で十分な雇用の機会さえ確保できれば、フィリピン経済にとって、労働人口の増加は大きなメリットになるとしている。他のASEAN諸国の平均年齢は、シンガポールが41歳、タイが33歳、ベトナムが29歳、インドネシアが28歳、マレーシアが26歳などとなっている。

フィリピンの年代層別の人口構成では、5~9歳が11.2%で最も多く、4歳以下(11.1%)や10~14歳(11.0%)などと合わせて、20歳未満の人口が全体の43.8%を占めた。

国連は、今後のフィリピンの平均年齢について、30年に29歳、50年に35歳になると予測している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン