• 印刷する

新車販売、9月は前年比13%増の9万台

自動車製造業者協会(ガイキンド)は、9月の新車販売台数(速報値)が9万台だったと明らかにした。前年同月からは12.7%の増加。政府が6月中旬に導入した自動車ローンの頭金規制の影響は出ておらず、通年で100万台突破の可能性が高まった。2日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

ガイキンドのスディルマン会長によると、1~9月は前年同期比21.9%増の80万4,000台となり、年間100万台まで残り3カ月で20万台弱に迫っている。昨年10~12月の実績は23万4,326台で、今年も前年並みなら大台を超えることになる。

トヨタ自動車の現地販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)のジョコ取締役は、「需要が伸びており、出荷すれば売れる状況だ」と指摘し、「9月までの販売にローン規制の影響は出ていない」との認識を示した。ただ、規制の影響については、「10月の販売台数も引き続き注視する必要がある」と慎重な姿勢を崩さなかった。

上位3メーカーの9月の販売台数は、トヨタが3万3,700台、ダイハツ自動車とスズキが各1万3,000台で、イスラム教の断食明け大祭(レバラン)休暇により営業日が少なかった8月より各社とも2桁伸びた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:12)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

国営石油、新バイオ燃料を開発へ(19:05)

ミシュラン、「アキレス」タイヤ輸出終了へ(18:44)

テイクオフ:インドネシアの独立記念…(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

23年予算案、GDP5.3%へ コロナ越え、外的リスクに対応(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン