• 印刷する

所得税法改正、M&A優遇で明確化盛る

財務省は4日、所得税法改正案に対する意見を19件受け入れると発表した。合併・買収(M&A)支援税制の明確化などを盛り込むという。

同省によると、7月24日~8月13日に受け取った意見は42件。23件については、政策意図に反するとして受け入れないと説明した。

M&A支援税制では、現行法では企業による直接のM&Aか全額出資子会社によるM&Aに対して優遇措置を取っていたが、改正後は全額出資であれば、孫会社のM&Aでも優遇措置が適用される。これに対し、孫会社以外でも全額出資であれば何層連ねても優遇措置が適用されることを明記するべきだとの意見があったために、文言を付け加えると説明した。

このほかには、株式売却時の税制や、寄付時の税改正についても意見を受け入れるという。

改正案は今後の国会で公表されるとみられる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(19:12)

チャンギ空港と米社、デジタル化で提携延長(19:38)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

仮想通貨クリプト、英国で事業免許取得(19:21)

新規感染3762人、前日から3割減(17日)(19:12)

テイクオフ:夜のウオーキングツアー…(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン