• 印刷する

環境車免税は延長しない方針=副通産相

ムクリズ・マハティール副通産相は12日、2013年末で切れる輸入完成車(CBU)モデルの環境車に対する免税措置について、延長しない方針を明らかにした。今後はエコカーを現地生産する企業の支援にシフトしたい考え。13日付ビジネス・タイムズが報じた。

副通産相は「ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)をマレーシアで組み立てる企業を支援していきたい」と表明した。マレーシアではホンダ・マレーシアがHVの現地組み立てに乗り出すことを発表済み。政府は今年初めに水面下で複数の海外メーカーと交渉していると報じられていた。

海外メーカーがエコカーの現地生産に動けば、技術で劣る国民車メーカーのプロトン・ホールディングスに悪影響をもたらす懸念もある。副通産相は「プロトンはマレーシア政府が掲げる二酸化炭素(CO2)排出量削減の方針において重要な役割を担っており、競争力のある車を投入していくだろう」との見解を示した。

政府は2011年度予算案(11年1~12月)に排気量2000cc以下の環境車に対し、時限措置として輸入関税と物品税を全額免除すると盛り込んだ。2012年度予算案でも同措置を13年末まで継続することを打ち出している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月末の独立記念日に合…(08/11)

コロナ感染、報告漏れの恐れ 陽性率9.4%で4月以来の高水準(08/11)

新規感染3083人、4日ぶり3千人超え(08/11)

日系トイエイト、子どもの発達支援事業開始(08/11)

RM1=30.3円、$1=RM4.46(10日)(08/11)

アップルペイが利用可能に、地場3行が対応(08/11)

米半導体投資法が成立、対中で競争力強化(08/11)

ジョ州港コンテナ取扱量、月100万TEU到達(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン