• 印刷する

洪水対策に高架道路の延伸計画、運輸省

運輸省国道局は、洪水時にバンコクと地方を結ぶ交通網を確保するため、既存の高架道路2本の延伸を計画している。18日付バンコクポストが同局幹部の話として報じた。

2本は、ドンムアン有料道路(バンコク都心ディンデン~北部ランシット)とブロムラーチャチョナニー高架道路。ドンムアン有料道路は、ランシットから中部アユタヤ県のバンパイン交差点まで約18キロ伸ばす計画。これにより洪水で一般道路が通行不能になった場合の北部・東北部へのアクセスを確保する狙い。

ブロムラーチャチョナニーの高架道路は、バンコク西郊ナコンパトム県プタモントン・サーイ2通りからペットカセム通りまでの約21キロをつなげ、南部ルートを整備する。

国道局は、高架道路の延伸は「緊急の事業」として、早期に実施する考えを明らかにした。ブロムラーチャチョナニー高架道路については、コンサルタントを雇い、来年中に着手する方針。総投資額は2兆2,000億バーツ(約5兆6,000億円)を見込む。

昨年の大洪水では、道路が冠水して交通網が遮断される地域が出た。また、自動車への浸水を防ごうと、高架道路の路肩に駐車する人が相次ぎ、高架道路の通行が困難になる問題も発生した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン