• 印刷する

テイクオフ:常夏のフィリピン。1年…

常夏のフィリピン。1年を通じて薄着で過ごすため、それぞれの体形をいやが応でも人目にさらすことが多い。がっしりとした筋肉質やぽっちゃり型など、良くも悪くも服でごまかしにくいのが当地だ。

そんなわけで、理想の体形を目指してジムやランニングで汗を流す人がいる一方で、「無為自然が一番」とばかり文字通りの「自然体」の人も目立つ。08年の調査ではマニラ首都圏で20歳以上の肥満率は26.6%。成人の4人に1人が肥満ということだったが、4年後の現在はさらに上昇しているのではないだろうか。

国が豊かになれば、カロリーの高い食事が多くなり、車などの移動による運動不足の度合いが増していくのも道理。肥満が増えれば、社会医療費も増大していく。肥満は洋の東西、先進・途上国を問わず、世界的な問題であるのだと道行く人を眺めながら実感する。(須)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン